76500円 (10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ) 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 縄文のパワーストーン 【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】 BR0237 ジュエリー レディース ブレスレット ラベンダー色,76500円,日本国石,艶美麗,ブレスレット,糸魚川天然翡翠,【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】,www.ashiriwarai.com,縄文のパワーストーン,(10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ),BR0237,ジュエリー , レディース , ブレスレット,/inconsequent687999.html 10mm玉×8mm小玉 16cmサイズ 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 BR0237 一番人気物 品質保証書付 縄文のパワーストーン 特製桐箱 糸魚川翡翠工房こたき ラベンダー色,76500円,日本国石,艶美麗,ブレスレット,糸魚川天然翡翠,【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】,www.ashiriwarai.com,縄文のパワーストーン,(10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ),BR0237,ジュエリー , レディース , ブレスレット,/inconsequent687999.html 76500円 (10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ) 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 縄文のパワーストーン 【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】 BR0237 ジュエリー レディース ブレスレット 10mm玉×8mm小玉 16cmサイズ 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 BR0237 一番人気物 品質保証書付 縄文のパワーストーン 特製桐箱 糸魚川翡翠工房こたき

10mm玉×8mm小玉 16cmサイズ 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 BR0237 【逸品】 一番人気物 品質保証書付 縄文のパワーストーン 特製桐箱 糸魚川翡翠工房こたき

(10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ) 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 縄文のパワーストーン 【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】 BR0237

76500円

(10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ) 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 縄文のパワーストーン 【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】 BR0237


商品の説明

 日本の宝石の原点。翡翠の歴史と科学

■ 日本の宝石の原点
 日本では、古代縄文時代の遺跡から翡翠を加工した宝石(勾玉など)が見つかっており、日本の宝石の原点と言われています。その後、奈良時代以降、日本のヒスイは歴史から姿を消しており、海外(ミャンマー)でしか翡翠は採掘できないとされ、日本の古代ヒスイの宝石も大陸から持ち込まれたものとされていました。しかし昭和13年頃、新潟県姫川上流小滝川当たりでヒスイの原石が発見され、日本にも古代から翡翠文化が続いていたという説を裏付けました。その後、日本にヒスイブームが起こりますが、そのきっかけは、松本清張の小説『万葉翡翠』が出版されてからと言われています。

■ 日本の翡翠文化
 古来より海外でも翡翠文化が存在していました。文化の始まりは、中国は約250年前、朝鮮半島は約1400年前、中央アメリカは約3000年前と言われています。日本の翡翠文化は、それよりも遥か昔、約7000年前の縄文時代に始まりました。しかし、遺跡から出土された翡翠は、近代まで大陸から渡来したものだと考えられていました。縄文時代の翡翠は、美しさはもとより、入手・加工が困難であることから、不思議な力を持つ「宝物」として珍重されていました。貴人が富や権力の象徴として所有したことや、宗教的指導者が祭祀に用いたことから、呪術性・護符性・祭器性を持つ貴石とされ、現在でも多くの人を魅了しています。その翡翠が奈良時代を最後に、なぜか近代まで表舞台に登場する事はありませんでした。仏教伝来との関係等、諸説ありますが、未だに謎とされているため、「幻の宝石」といわれています。再び翡翠が珍重され、帯留めや指輪、ネックレスなどの宝飾品に用いられるようになったのは、明治以降になってからです。

■ 翡翠の科学
 翡翠には鉱物として2種類のものが存在します。それは「硬玉」と「軟玉」で、ひとくくりに「翡翠」と呼ばれていますが、鉱物学的には全く別のものです。「硬玉」は「ジェダイト(jadeite)」、「軟玉」は「ネフライト(nephrite)」と呼びます。宝石としての価値は「硬玉」のほうが高いとされています。一般的に宝石は硬いほど価値があるとされており、例えば、硬度の高い宝石であるダイヤモンドは、宝石の中でも高価な石の一つです。ちなみに、硬玉翡翠はペリドットやアメジストと同じくらいの硬さなのに対して、軟玉はラピスラズリやターコイズと同じくらいの柔らかさです。古代から現代に至るまで、硬くて加工しにくいことは、石の価値を決めるひとつの要素となっています。翡翠のほとんどの部分は「ヒスイ輝石」で構成されています。あまり知られていませんが、ヒスイ輝石は本来白色の石なのです。そこに含まれた、クロム鉄鉱や二価鉄の影響を受けたものは緑色に、チタンや鉄の影響を受けたものは青や紫に光る翡翠になるのです。ヒスイ輝石に含まれる鉄の量により、色の鮮やかさや色付き部分の大きさが決まります。糸魚川翡翠の鉱脈には翡翠本来の白色が強いものが多く、鮮緑色のスポットが混ざったマーブル状のヒスイが多いのが特徴です。

■ 翡翠の産地
 国産翡翠(硬玉)の産地は、北海道から九州まで点在していますが、古代より、翡翠の主産地は糸魚川地域といわれています。新潟県糸魚川市の小滝川・青海川等の河原や、富山県の宮崎海岸などでは、時折翡翠が採取できるため、多くの人がヒスイ探しに夢中になりました。当工房では、糸魚川地域で採取された、糸魚川翡翠のみを使用して作品を制作しております。

 万葉集に読まれていた糸魚川翡翠

■ 神話の中の翡翠
 沼河比売(ぬなかわひめ、奴奈川姫)は、日本神話に登場する神様です。古事記には、糸魚川市付近を治めていた豪族の娘、奴奈川姫に大国主命が出雲から求婚。その際に翡翠を贈ったという神話が残されています。実際に大国主命を奉った出雲大社の真名井遺跡からは、糸魚川産と見られる大きな勾玉が出土しています。

 「渟名河(ぬなかは)の 底なる玉  求めて 得まし玉かも  拾ひて 得まし玉かも 惜(あたら)しき君が 老ゆらく惜(を)しも」(万葉集 巻十三 三二四七 作者未詳)

 『万葉集』に詠まれたこの歌の、「渟名河」は現在の姫川で、その名は奴奈川姫に由来し、「底なる玉」はヒスイ(翡翠)を指していると考えられ、沼河比売はこの地のヒスイを支配する祭祀女王であるとみられています。越後国頸城郡の式内社に沼河比売(ぬなかわひめ)を祀る奴奈川神社があり、天津神社境内社・奴奈川神社をはじめ、新潟県糸魚川市内に論社が3社あります。また、長野県にも沼河比売を祭る神社があり、姫の乗っていた鹿のものとされる馬蹄石がのこされています。

 糸魚川翡翠作品について

■ 日本の翡翠文化を世界へ
 作品はすべて、産出地が天然記念物の指定となったため、現在は採取が不可能となっている「糸魚川翡翠」で作られております。職人が中学生の頃より自ら採取したしたものや、知人より譲り受ける等して、長年収集してきた翡翠原石コレクションがあるからこそ可能な事なのです。元々は鉱物ファンの一人であった少年が、翡翠のコレクターになったきっかけは、父が母にプレゼントした翡翠の指輪を見たことです。原石からは想像できなかった磨き上げられた翡翠の美しさに惹かれ、いつの日か収集するだけではなく、これを加工して日本の翡翠文化を世界に発信することを使命と考えるようになりました。

■ 美しさを引き出す職人の技術
 作品は、太古の時代に貴石とされていた勾玉や管玉をモチーフとした作品に加え、ペンダントトップ、ブレスレット、指輪、数珠等といった、普段よりお使い頂けるものをご用意しております。翡翠の原石は水晶のように透明ではないため、割ってみないとその品質(色の濃さや均一性等)はわかりません。また、糸魚川翡翠は品質が一定ではない硬玉翡翠です。そのため作品にできるものは、大きな原石の中でも、ほんの一部分でしかありません。原石の中から生命感・躍動感のある美しい部分を探し当て、光を当てるのも職人の仕事の一つです。そして、心を込めて磨きをかけることで、作品としての価値を高めております。着色等の人工的な加工処理は一切行っておりません。天然の輝きを生かすため、職人が一点ずつ時間をかけ「研磨」のみで仕上げております。

■ すべての作品は職人による一品ものです
 当工房では、原石の調達・翡翠の加工・作品の販売を、すべて一貫して行っております。作品に関わる全てに責任を持ち、自らの手で行う事で、自信を持っておすすめする事が出来ると考えております。作品は糸魚川翡翠の個性を引き出すため、職人がひとつひとつ手作りで制作しております。そのため、作品を数多く販売する事ができません。お待たせしてしまう事があるかと思いますが、 納得できる作品を制作するため、申し訳ございませんがご了承下さい。

 ヒスイの豆知識

■ ヒスイとカワセミ
 翡翠はカワセミとも呼ばれ、翡は赤い羽、翠は緑色を表しています。ですが、赤いヒスイは多くはありません。実はミャンマー産のヒスイは地域特有の赤い土に埋もれていたため、原石の表面が赤く染まるものがありました。そこで、原石を 切断すると中身は緑色をしているため、カワセミの赤と緑の羽の色になぞらえたそうです。

■ 加工方法の謎
 勾玉の特徴として、ご存じの通り穴が開けられています。遺跡からの出土品からも穴を開けている途中の翡翠が出土されていますが、実は古代人がどのようにして翡翠に穴を開けたのかはまだ解明されていません。現代の様に加工道具がそろっていなかった古代で、どうして精巧な細工が出来たのか不思議です。

■ 翡翠と「春よ来い」
糸魚川市出身の文学者、相馬御風(そうまぎょふう)さんは、童謡「春よ来い」、早稲田大学の校歌「都の西北」の作詞で有名な方です。相馬さんが友人に古事記や万葉集に出てくる奴奈川姫の話から、奴奈川姫は糸魚川で産出された翡 翠を身に着けていたのではないかという話をしたのがきっかけで、約1300年ぶりの翡翠の再発見につながったそうです。

■ 1300年の空白
 翡翠は約7000年前の縄文時代から古墳時代にかけて3000年以上、権力者のステイタスシンボルとして大事に扱われてきました。しかし、古墳時代の終わりから、近代まで約1300年間歴史から姿を消してしまいます。翡翠の採取が困難となったからという説や、仏教 伝来との関わり等の説がありますが、いまだ謎のままです。

■ 空白期間の翡翠
 古墳時代から近代まで、忘れ去られていた翡翠は全く人の目に触れられなかったのでしょうか?実はその間、地元では漬物石や石垣、屋根の重しと使われていたそうです。翡翠は他の石に比べ、硬く重いため重宝されていたのでしょう。もったいないような、贅沢なお話です。

■ 翡翠の色は緑色?
 翡翠といえば鮮やかな緑色を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、ダイヤモンドにもピンクダイヤ、イエローダイヤ、ブラックダイヤなど多彩な色があるように、ヒスイにもまた、赤・青・白・黒・紫といった複数の色が存在します。白色は翡翠を構成する、ヒスイ輝石の基本の色でもあり、他の色が混ざっていない真っ白なものは濃緑と並び価値の高いものとされています。

(10mm玉×8mm小玉・16cmサイズ) 糸魚川天然翡翠 ブレスレット ラベンダー色 艶美麗 日本国石 縄文のパワーストーン 【糸魚川翡翠工房こたき/特製桐箱/品質保証書付】 BR0237

日本語俗語辞書は俗語(若者言葉・新語・死語・流行語)の意味・関連語を解説した辞書サイトです。
俗語辞書内検索

日本語俗語辞書

Since:2005/9/1
最終更新:2018/12/4
掲載語数:2,425語

日本語俗語辞書とは

日本語俗語辞書は俗語・新語・流行語・死語・特定分野で使用されている隠語などの意味を辞書形式で解説し、さらに辞典形式で細かく解説している辞書サイトです。
よく「最近の若者の言葉(主に新語・流行語)がわからん」という中高年の声や「親父やお袋が面白そうに使ってる言葉(主に死語)の意味がわかんない」という若者の声を耳にします。それらを知らなくても生活に支障をきたすことはないでしょう。しかし、それらを知ることで世代を超えた人との会話にも幅ができ、一歩踏み込んだ交流が世界を広げるはずです。日本語俗語辞書がそんな会話をするためのひとつのツールとしてみなさんのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

Pick Up俗語!

メディア掲載情報&お知らせ